いつの時代もある一定の頻度で話題に上がる男女の友情のあるなしの話

雑談や飲み会の話題で男女の友情のあるなしでヒートアップした経験はあるでしょうか?

ここで結果から先に話すと人によりけりという結果が妥当な答えだと私は考えます。


私の考えをこれから書いていこうと思いますのでフラットな気持ちで読み進めてください。



そもそも友情とは何なのか、何をもって友達と呼ぶのかの定義をここでハッキリさせておこうと思います。

友情とは愛情という括りのなかのひとつで誰かを思う情のこと、 友達とは性的関係を伴わない気心許せる他人としましょう。

性的関係を伴わないと表現しましたが厳密にはあっても友情は成立してしまうのが難しいところです。




まず同性間での友情は基本的に恋に発展することは例外を除きありません。

しかし、異性間の友情は恋に発展することがあります。

ここが男女の友情が成立するしないでもめる論点のひとつになります。

成立しないという人は恋に発展するならそれは友情ではないと捉えます。

成立するという人は発展までは友情という見方をしています。



この時点で二つの意見がまとまることはないのです。

どこまでのスパンで見ているのかというのがこの二つの違いですね。



一方は友情はいつまでもあるという考え方、もう一方は友情は終わるかもしれないという考え方。

私の意見としては後者なのですが、そもそも絶交なんて言葉がある時点で友情は必ずしも永遠ではないのです。



前者の人の意見を真に受け取ると異性は全て性的対象になるということになりますが、こいつないなって思う異性は誰しもがいるはずです。

もし、成立しないとそれでも言うのならその人はかなり飢えているのでしょう。

異性を異性と見てしまえば友情にはならないのかもしれません。

しかし、同性異性を意識しない人間関係があったほうが私は楽しいと思います。



性別で人を判断するのではなくその人個人で人を判断すれば男女の友情のあるなしについて意見を振ることはなくなるのではないでしょうか。

人対人の関係性を男や女、年齢や国籍などの大きな括りで判断すると生まなくてもいい軋轢を生みかねないのでもう少し掘り下げて考えれるようにするのがいいのではないでしょうか。