不定期ですが今までの経験や研究に元付いて様々な角度から私なりの考えを書いていこうと思います。


よろしければ不定期ながらお付き合いください。


今回は私なりに男女の恋愛価値観の違いについてざっくり説明しようと思います。




まずは男性の場合、男性は多くの方が減点方式です。

つまり、100点から始まって欠点になると別れてしまったり付き合うのを止めてしまったりするのです。

悪い言い方をすれば見た目がよければとりあえずOKということです。

男女の一目ボレしやすさが、女性が1だとすれば男性は5くらい。

しっかりと統計を取ったわけではないので厳密にはわからないですが、感覚的にこんなもんでしょう。

そして、声がタイプじゃなかったり性格が悪かったりすると「この子ないわぁ」となるのです。

逆に見た目がタイプでなかった時点でどれだけ声がよかろうが性格がよかろうが恋愛対象からは弾かれてしまいます。

そういう意味で女性は始めが肝心、好みの男性を見つけたら最低限見た目だけでも取り繕わなければ見向きもされません。





女性はその逆、多くの方が加減点方式になります。

優しかったりお金を持ってたり付加価値に重きを置く傾向にあります。

女性の場合は減点も入りやすいし加点も入りやすいし変動が激しいです。

上に書いてある通り付加価値に重きを置くので男性の時と違い初対面は重要ではなく接し方が今後の恋模様を左右します。

と言うことは「女口説く方がヌルゲーじゃね?」と言うのが私の持論である。

始めの印象がよくなくても付き合うことが出来る可能性が高いのだ。



しかし勘違いしてはいけないのが男女とも口説くことは『簡単ではない』

価値観が違うので攻め方も違う。

そこを摺り合わせていくのだから多少なりの努力はしなければなりません。



男性ならばまずは中身を磨きましょう。

女性ならばまずは外見を磨きましょう。

自然と異性を惹きつけることが出来るでしょう。



女性の外見(見た目)とは身だしなみであって顔の「ブサイク」「カワイイ」ではありません。


勘違いしないで欲しいのが、どちらか片方だけではなくどちらも磨くことです。


人は努力を怠ると魅力的になりません。

だから、時間もお金も自分磨きにたくさん使ってください。

そしたら恋愛だけではなくあなたの生活も豊かになっていくはずです。


次回は男女別にフォーカスを絞って書いていこうと思います。